誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

掛け持ちする? しない?



先日の葬儀屋さんが家に来た。

アンケート用紙に住所を書いたので訪ねてきたようだ。

「互助会の積み立て、考えていただきましたか?」と聞かれたが、ダンナとその話しはしていないので「まだ話し合ってません」と答えた。


すると「先日お仕事のことでお話しがありましたよね?今日はウチの仕事を奥様にご紹介しようと思いまして」と突然のリクルート。

私「あ、先日伺ったセレモニースタッフですか?」

葬「はい急募なんです」

私「お通夜なんかのお手伝いですよね」

ダンナ「通夜ぶるまいの給仕なんかはやるんですか?」

葬「それはまた別なんです。パントリーというスタッフがやります」

ダ「………パントリー」

私「………パントリー((゚m゚*)プッ貯蔵庫?www)」

葬「はい、夕方から準備して給仕して片付けで6時間くらいです。セレモニースタッフより時給は低いですけど」

私「パントリー、興味あります」

葬「そうですか、ではお考えいただいてこちらの番号に連絡ください」

と、名刺をいただいた。


う~ん、どうしたもんか。

少しでも生活費の足しになるか………

パチ屋は時給1,500円だけど1時間半勤務だから、お小遣い程度だもんなぁ。

昼間は何かと忙しいし、母の通院介助もあるから夜の仕事って都合が良いんだよねぇ。


悩むなぁ。


悩むなぁ~

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。