誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

父の七回忌



父の七回忌法要が終わった。

妹、弟、弟の子供3人、ダンナ、私の7人でお寺へ行き30分ほどの読経と焼香で終了。

お布施30,000円、供花2基とお供物17,820円は、一周忌、三回忌の時と同じ金額にした。


弟は高校を卒業してから就職のため家を出て、県外&海外に転勤になり、そこで知り合ったフィリピン人の女性と結婚した。

今は日本に住んでいるが、弟の子供たちは殆ど父とは会っていないので特に思い入れはないようだ。


母は、弟のお嫁さんが留守にする時、ヘルプで子供たちの世話をしに行ったこともあったが、それも2~3回くらいなもんだろう。

「面倒臭い」と言って、その後の依頼は断っていた。

弟は「送り迎えするから」とお願いしたそうだが………。


では何が面倒臭いのか。

可愛い息子のお願いなのに。

(・∀・)ニヤニヤ ま、詳しいことは聞かないよ。


今日は、弟のお嫁さんは仕事があるということで来なかった。

法要が終わって、みんなでお茶したあと母の家に行くと、いつも見ない満面の笑み。

可愛い息子と可愛い孫たちに会えるのは、やっぱり嬉しいのだ。


普段私が母の世話をしているが、弟家族と暮らすことができるとしたら母はどうなんだろう?

例えば弟がこちらに戻って来たとして………。

弟は東京勤務になったばかりで、毎日片道2時間かけて通勤している。

それなら、こちらからの方が楽に通勤できる。


いやいや、ただの妄想だよ。

子供たちが転校することになるし、マンション購入した時点で、もう戻ってこないことはわかっていた。

わかっていたけど妄想くらいさせてwww





久しぶりに姉弟3人そろっての話しのテーマは主に両親のこと。

さすがに私たちが毒を吐いてる時はダンナはおとなしい。

ひとしきり毒を吐いたあとは近況報告をし合う。

ろくでもない思い出でも、一緒に語り合える人がいるってのはありがたいやね。


抹茶のパフェで腹いっぱいwww

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。