誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

入院3日目(手術1日後)



手術した日の夜からが本当の苦しみだった。

左手に点滴、右手と胸には心電図と呼吸と酸素飽和度を測る機械。

尿カテーテルに褥瘡予防のテープ。

ベッドの汚染を防ぐため紙オムツに防水シーツ。

両足には血栓症予防のマッサージ機が巻かれていた。


お腹と背中と腰が酷く痛い。

背中と腰はずっと仰向けになっているからだろう。

何しろ両手両足にいろんな物がくっついているし、腰周りはゴワゴワしていて気持ちが悪い。

寝返りをうとうにもスムーズにいかず、力を入れるとお腹の傷に響くのだ。


いろんなチューブや機械を下敷きにしないよう気をつけながら、ベッド柵に掴まってゆっくり向きを変える。

体を捻るとお腹が痛いので、上半身は真っ直ぐに足を上手く使って転がる。


当然スマホをいじる体勢ではいられないが、時間を知るために枕元に置いていた。

置時計を持ってくれば良かった。


看護師さんに痛み止めを点滴に入れてもらう。

ウトウトするが体が痛くてジッとしていられない。

時計を見ると、だいたい30分~45分で向きを変えていた。


夜勤の看護師さんには「頑張り屋さんだね」と言われたwww

動かずにはいられないから動いているだけだ。


看護師さんは朝になると口腔ケアセットを持ってきてくれた。

ベッドを背上げし、歯磨きをするとカラカラに乾いていた口の中がサッパリして、そのまま水も飲みたくなる衝動に駆られたが我慢したw


まとまった睡眠はとれなかったが10時頃の回診で点滴以外の物を外せるようになった。

これで水も飲んでいいことになる。

ミネラルウォーターを手に取ったが、蓋を開ける力が出ず少し苦労した。


看護師さんに手伝ってもらいながら清拭。

トイレで用を足すのに1度目は看護師の見守りが必要とのことでナースコールをしたり、痛み止めを入れてもらったり、看護師さんのおかげで助かることがたくさんある。


昼食は五分粥


夕方には点滴も外れたが腹痛はずっと続いている。

錠剤の鎮痛剤を出してもらい、寝る前に飲むつもりでいたが夕食後酷くなってきたので19時半頃服用した。


夕食から普通食


手術後から微熱は続いていたが、この時点で38.1℃に上がっていた。

その後4~5時間して身体中に汗をかき、楽になっていった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。