誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

当面の課題

ダンナが帰ってきた。

昨夜高速バスで出発し、今朝早く帰宅。

それからワンズの散歩をし、そのあと私の母の通院の運転手になってくれた。


マメな男だ。

ありがたい。

しかし、これがまた24時間顔をつきあわせているとイライラしてくるのだ。


m(_ _)m 夫婦で自営業をしている人たち、尊敬します!


通常より20年ほど早く「濡れ落ち葉症候群」を体験している私。

家が大好きな私だが「亭主元気で留守がいい」が叶わないなら「妻は元気に留守にする」しかないじゃないか!

たまにコミュニケーションをとるから感謝もわくし笑顔も出るというもんだ。


しかし、やっぱり私は家が好きで外出は嫌い。

どうやってひとりになればいいんだ?

( ˘•ω•˘ ;) これが当面の課題だ。





笑顔が出ると言えば、母はダンナには笑顔で「ありがとう」と言う。

┐(´д`)┌ Do you kotoyanen?


今日は、母の家の契約更新に必要な書類を交付してもらうため市役所に連れて行った。

それから、ふたつの銀行口座をまとめてひとつにした。

私も終活中なので、母にも少しずつ整理してもらっている。


母はヨロヨロしているが、まだひとりで歩くことができる。

手が震えるが、まだ字も書ける。

これができなくなった時、銀行や役所には私が代理で行くことになる。

役所は何とかなるが問題は銀行だ。


親の預金の引き出しなど、現在はかなり厳しくなっている。

もし母が委任状が書けない状態になったら?

意思確認もできない状態になったら?

そろそろ財産管理委任契約をすべきか?

これまた当面の課題である。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。