誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

冠動脈造影CT検査を受けてきた

検査の予約時間が9時50分だったが「その1時間前までに来院してください」とのことで、いつもより早起きすることになった。


退職してから早起きをしなくなり、また、電車の時刻などに合わせて行動することもなくなったので朝からの外出は非常に緊張する。


早起きの前夜にはアラームをセットし灯りを消す。

いつも入眠から3時間ほど経ったところで目が覚める。

特に外出の予定がなければ二度寝三度寝すればいいが、「あぁ、早起きしなきゃいけないのに、こんな時間に目が覚めちゃった」となると、もう眠れない。


トイレに行ってみたり水分補給をしてみたり、目を閉じて寝たふりをしながら朝を迎えるのだ。

そして検査当日も例に漏れず寝不足でクラクラ。

絶食なので空腹でクラクラ。

9時前だというのにお日様が張り切って仕事しており更にクラクラ。


受付けを済ませ放射線科へ。

血圧測定し心臓の動きを遅くする薬を飲む。

綺麗な画像を撮るためのものらしい。

薬の効果が安定するのに1時間ほどかかるので廊下の椅子に座って待つ。


1時間後、再度血圧測定。

心電図の準備をし、右手に造影剤を流す点滴の針を留置してからCT室へ。


横になり左手に血圧計、心電計のコードを4ヶ所装着、右手の針に点滴を繋げる。

「バンザイをしてください」と言われたが五十肩で右手が十分に上がらないwww


息を止める練習を何度かしてから、まずは造影剤なしで撮影。

それから心臓の血管を拡張する薬を舌下に。

これがニトロってやつか、ちょっと甘いなぁと思っていると「造影剤を入れまーす」と声がかかる。


「造影剤を入れたら体が熱くなります」と言われていたので、どんな感じなのかとちょっと楽しみwにしていた。

私の場合まず喉が熱くなり「キタキターっ」と思っているうちに全身が熱くなったが、その熱さはすぐに感じなくなった。

造影剤は尿と一緒に排出されるので水分を多めに摂るようにとのこと。


これで検査終了。

CT室に入ってから20分ほどだろうか。

本日のお支払い10,080円也。

検査結果は来週。


終わったら、さあ!どこに行く?

もちろん食事でしょ!


丸亀製麺とろ玉うどんとさつまいもの天ぷらだー!


ねぎ&生姜たっぷり。

うう………美味しかった。

大盛にすればよかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。