誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

終活で運気アップ?!

近所の葬儀屋さんが頻繁にイベントをやっているので今回初めて行ってみた。

友引の日に開催しているそうだ。


葬儀については、ちょうど6年前に父の葬儀を行なったので流れや金額もだいたいわかっている。

今回行く気になったのは、パートスタッフ募集のチラシも入っていたので、その話しも聞けたらいいなぁと思っての参加だ。



10時半に行ったら既にセミナーが始まっていた。

ご高齢の男女が10人ほど座っており、和気あいあいな雰囲気で講義を聞いている。

講師はこの葬儀屋の店長さん。


勧められた椅子に座ると、まずはアンケート用紙に記入してください、と紙とペンを渡されたので適当に記入して返した。


セミナーの内容は主に「葬儀にはお金がこのくらいかかるが互助会と保険に加入すれば持ち出し0円ですみますよ」というもの。

だからと言って「加入しませんか?」などと言ってくるわけでもなく、裏話なども交えながら1時間程の講義が終わった。


するとすぐに隣の部屋の扉が開き「通夜料理の試食をどうぞ」と声がかかった。

ご高齢の皆さんは慣れた様子で移動を始めテーブルを囲んでいる。


私とダンナは声をひそめて「みんな常連だったりして」「そうかもね」と笑っていると、係りの女性が「どうぞどうぞ召し上がってください」と声をかけてくれた。


「残るともったいないので全部食べてってくださいね~」と言いお茶を入れてくれる。

握り寿司、巻き寿司、いなり寿司、天ぷら、鶏唐揚げ、海老フライ、焼き鳥、その他いろんなフライ、煮物、焼売などなど、とても食べきれる量ではない。


私たちの向かいに座っている女性3人は、仲良く料理を取り分けて食べていた。

係りの女性は、遠くの料理を小皿に取って持ってきてくれたり、お茶を入れてくれたりと至れり尽くせりのもてなしだ。


ダンナが向かいの女性たちに声をかけた。

「こちらへは何度かいらっしゃったことがあるんですか?」

女性「私たち常連なの、うふふふふ♪」


(*-艸・*)やっぱり~www

セミナーに参加すれば無料でこの料理を食べられるもんねぇw

どうりで係りの女性は私たちにだけ話しかけてくると思った。

皆さんは説明しなくてもわかってるからだ。


そのあと写真撮影会も勧められたが断った。

「遺影」じゃなくて「シニアポートレート」って言ってたかな。

まぁそれでも写真撮影はお断りだが。


最後はミニ抽選会。

初めに書いたアンケート用紙に番号をふったので、店長さんが引いた番号の人が当たりになるとのこと。

「参加者のうち3名が外れですよ~」と言う。


アンケート用紙は1枚しか書いてないので「2人で一人分だよね当たらないね~」と言っていたら、なんとカップラーメン6個が当たったwww


「わ~♪良かった~!得したね~!」と喜んでいたら、最後の最後にまた呼ばれた。

2人分でカウントしてくれていたのだ。

大当たり~!

お米5kg!


(ノ≧∀≦)ノありがとうございます!


お開きになったあと、私たちは館内を案内してもらい、セミナーの内容で疑問に思ったことやスタッフ募集の詳細を聞いた。


葬儀屋さんで働くのかは置いといて、この日はお腹いっぱい試食できて、カップラーメンとお米をもらってラッキーだった。

夫婦そろって運気が上がってきたか。

いいぞ!いいぞ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。