誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

歯列矯正治療開始

ユキヤナギが一気に咲いた♪



去年の秋頃、歯茎が腫れて痛くなった。

その頃は、だんだん体調不良になっていたあたり。

歯科は何日か先の予約制だから、予約日に行った時にはもう腫れも痛みもなくなっていた。


診てもらうと軽い歯周病になっていた。

歯科はもう20年程かかっていなかった。

かなり前に治療した前歯も少し黒くなっていたし、知覚過敏もある。

この際キチンと治しておこうと思い治療を始めた。

治療と同時に歯科衛生士さんの指導も受け、正しいケア方法を教わっていた。


そんな中、若い頃からコンプレックスだった歯並びについて話しを聞くと「矯正しますか?」と言われた。

「矯正するには歯周病を治してからなので考えてみてください」と。


その時は歯のことより体調がすぐれなかったので後回しにしていたが、今日からやっと矯正治療に取りかかった。


Dr.には2通りの方法を提示された。

ひとつは矯正専門医によるブラケット矯正。

小さな器具を取り付けて、通したワイヤーを少しずつ引っ張って形を整えていくもの。


デメリットは口中の違和感と見た目の悪さ、虫歯や歯周病になりやすいこと。

費用は100万円程、期間は2~3年。


歯の裏側に取り付けることもできるが、話しづらくなり虫歯や歯周病になりやすい。

費用も期間も表側よりかかる。


もうひとつはセラミック矯正。

既存の歯に白いセラミックをかぶせて噛み合わせを改善する。



デメリットは健康な歯を削ったり抜いたりすること。

神経を抜くと歯の寿命が短くなる可能性がある。

費用は50万円程、期間は1年程度。


私は迷わず後者を選んだ。

私のこの年齢で3年もかかるなんて、その間に私の身体に何が起きるかわからない。

半額で済むし、元気なうちに美しい歯並びを手に入れたい。


そして先程さっそく下の前歯を抜いて部分的にブラケットを取り付けてきた。

抜いてすぐだと動きやすいのだそうだ。


そろそろ麻酔が切れてきた。

噛み合わせが整うと良いことばかりだ!

そう思うと、この程度の違和感などなんでもないな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。