誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

シボー・カーン

誰っ?

って、まだ言うかー!


脂肪肝の疑いがある私はスイーツを我慢していたが、今日はビッグボーイのクーポンを使って「お花見団子のポップオーバーパフェ」を堪能した。

三色団子と黒蜜、きなこ、あずき、抹茶アイスと黒蜜きなこアイス。


ん〜♪ おいちい〜♪

ちゃんとダンナとムスメと私でシェアしたよ、脂肪肝かもしれないからね。


私の体は脂肪と糖で出来ている。

来月2年ぶりの、イヤ3年ぶりになるのかな、健康診断を受けるつもり。

不幸を引き寄せる人


週の初めからこんな話題でスマソ。

私同様、母のことで頭を悩ませている妹からLINEがきた。

「いろんなサイト見てたら、不幸を引き寄せる人の特徴が全部ママに当てはまるんだけど、どうしよう」


はーい! どうもできませーん!

「子供の頃から両親や学校の先生から虐げられ、結婚したら旦那からも虐げられ、妹達からもバカにされ、私は何も悪いことしてないのに」← 本人談


私も大人になるまで母の話しを聞いていたが「そのやり方で上手くいくわけないじゃん」という事ばかりだ。

「不幸でなければ自分ではない」って思ってやってるんじゃない? というくらい、人をイラッとさせる天才である。


牛は水を飲んで乳を作る。

蛇は水を飲んで毒を作る。

人は学んで菩提を得るか、学ばずに悪因縁の範疇で苦悩の人生を過ごすか。


学びたい! 学びたいです!

妹よ、一緒に学ぼうではないか!


永源寺の十六羅漢のひとり。

メッチャ良い笑顔!

幼児期健忘

昔のイタリア映画「鉄道員」

ぽっぽやではない。

先日ゆるぱんさんのブログを見て、ふと思い出した。



私が乳幼児だった頃、この曲のレコードをかけると必ずギャン泣きしていたらしい。

もちろん全く憶えていない。


泣く理由があったはずなのに。

乳幼児期の記憶は、どのフォルダに保存されてるんだろう?

成長段階で上書きされちゃうのかな?