誰かのために頑張ること

誰かのために頑張れなかった私は、誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

復興


医王寺を出て富岡町へ向かう。


途中、台風のせいで増水している川の横を走った。


このような立て看板も所々にある



東日本大震災から1ヶ月半が過ぎた頃、亘理町でボランティア活動を始めた。

当時、県外ボランティアの募集をしていたのは亘理町と石巻市だけだったので、土日休みを利用して何度も通った。



はじめのいっぽ(亘理町災害ボランティアセンター)


何度も福島浜通りを行き来した。

言葉にできない光景。

自分の力が小さすぎて悲しかった。


ボランティア活動が落ち着いてからも東北地方を訪れた。

2年前には富岡駅があった場所に行った。


2年前に撮った、駅近くの店舗


去年はその周辺が広く更地になっていた。


そして今年


( ;∀;) 富岡駅が復旧した!



復旧までに6年半以上。

仕方ないのだろうが長くかかった。


仮設住宅で暮らしている人は、まだまだたくさんいる。

県外で避難生活を送っている人もいる。

何よりも心に苦しみを抱えている。


日本への外国人観光客が増えているそうだが、東北を旅する外国人は少ないらしい。

東北地方は美しい自然がある。

温泉も素晴らしいし、興味深い歴史がある。


自分の力は小さすぎるけど、これからも訪れるだろう。

ダンナと私が元気である限り。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。