誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

2018秋の旅 5日目

ダンナの実家にはWiFiがない。

思うようにスマホが使えず困っていたが、この頃になるとそんなに気にならなくなっていた。


新幹線で来るムスメを迎えに行く予定があるのに、ダンナは朝からビールを飲んでいた。

お義母さんがダンナに「ムスメちゃんのお迎えに行くのにビール飲んでるの?運転はお父さんに頼みなさいよ」と言っている声が聞こえてきた。


「ごもっともです、お義母さん」と思っている私の所にダンナが来て「ねぇ、ぷちこ。お父さんとムスメちゃんを迎えに行ってくれる?」


(。・`Д・´) はぁ? なんで私がお義父さんとふたりきり?


「俺も行くの?」


ヾノ。ÒдÓ)ノシ 当たり前だ! ふざけんな!



ムスメが来てみんなで食事。

このあとは、ダンナのおばあちゃんのお見舞いに行くことになっていた。


ダンナのおばあちゃんは特養に入所していたが、今月上旬から肺炎で入院していた。

おばあちゃんのお見舞いは、この旅の目的のひとつでもあった。


おばあちゃんに俱利迦羅不動寺のお守り


ところが!

食事後まったりしているところに病院から電話がかかってきた。


「おばあちゃん下血して状態が悪いから、すぐに病院に来てって!」

("⊙Д⊙")えっ!!

それはたいへん!

「ダンナ!私たちは遠慮するからお義母さんたちと一緒に行っておいでよ!」

ダンナ考える………考える………考える………

「ん。俺も残る」


お義母さんは「せっかくだからバラ園に行ってらっしゃい!」と言い残し、お義父さんと病院へ向かった。

私たちは取り敢えず留守番。

しばらくすると、お義父さんから電話があり「さっき吐血したから輸血することになった。今は落ち着いている」とのこと。

ならば、と私たちも病院に行くことにした。


おばあちゃんは98歳。

孫であるダンナのことも、わかっているのかどうか………という状態。

ダンナは、おばあちゃんの手をずっと握っていた。


血液が病院に届くのが夕方になるらしい。

お義父さんとお義母さんはそれを待つと言う。

「私たちはまだ病院にいるから、あなたたちはバラ園に行ってらっしゃいよ」とお義母さんが言うので、病院を出てバラ園に行った。


たくさんの種類のバラが色とりどり、すっきり晴れた青空に映えていた。

でも何故だか写真を撮る気にはならなかった。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。