誰かのために頑張ること

誰かのために頑張れなかった私は、誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

タイのフラワーアレンジメントとタイの料理


タイのフラワーアーティスト、サクン・インタクンさん監修のアジアンスタイル フラワーアレンジメントに挑戦した。

アジアンスタイルは3回目。


花や葉っぱ、実などをバラバラに分解して折り畳んだり、ワイヤーに刺したり、パールビーズで飾ったり。

タイの方々のお花の楽しみ方を勉強する。


この画像は前回のデンファレの花びらを使ったテクニック


今回は蓮の花びらを折るテクニックに挑戦。

ごはんを食べるのも後回しにして集中した。


お腹すいた。

そうだ!タイ料理食べよう!

そしてママさんにお花をプレゼントしよう!

そう思い立ってお店に向かった。


ドアは開いているが誰もいない。

「ごめんくださーい!」と叫んでいると奥からママさんが出てきた。

「ガスガトマッタヨ」


聞けば、ガス料金の引き落としができなかったので、ガス屋さんがお店に電話したり手紙を入れたりしたのだが、家族旅行に出かけていたため連絡が取れず、ガスを止められてしまった。 ということらしい。


料金先月タイから友達が4人来ていて、何週間かお店に泊まっていたから、いつもより料金が高くて残高不足になったのだそう。


「サッキ カエッテキテ、ヒガ ツカナカッタヨ。ミズ シャワーシタ、ナツダカラ ヨカッタ」と笑っている。


時間が早かったせいか、他にお客さんは来ない。

カセットコンロで鶏軟骨の唐揚げを作ってくれた。

レモンの葉っぱも揚げて、軟骨と一緒に食べると美味!


ママさんも一緒に乾杯して、片言の英語と片言の日本語で会話をする。

彼女の波瀾万丈の身の上話しを、私たちはどのくらい正確に理解できているのだろうか。


お花を飾ってくれた。


ขอบคุณ ค่ะ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。