誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

脳動静脈奇形


昨日、T大病院に治療法の詳しい説明を聞きに行った。

ムスコBの足の骨折が治ってきたので、病院の最寄り駅で待ち合わせた。


うかない顔のムスコB。

不安のイチバンの理由はお金がないこと。

仕事中の事故であったため労災対象ではあるが、この手の手続きは往々にして時間がかかる。


貧乏は人の心を蝕む。

私も若い頃に貧乏だったのでよくわかる。

不安な気持ちが全てを悪い方へ悪い方へ誘うのだ。


事故で骨折し仕事ができない。

収入がない。

死ぬかもしれない病気が見つかる。

他にも、親には話せない不安があるのだろう。

病院の待合室で、ムスコBは「好きで病気になったんじゃない」と初めて涙を流した。


みんな心配してるんだよ。治療して安心して仕事しようよ。治療に3年かかっても大学卒業する人と同じスタートだよ。大丈夫大丈夫。一緒に泣いた。

何年ぶりだろう?ムスコBの頭をナデナデしながら話しをしたのは。


友達とルームシェアしてるから泣けなかったのかもね。

泣いたおかげでストレスが発散されたのか、「治療する」と言ってくれた。

T大病院のDr.の説明は、とてもわかりやすく信頼できた。


病院をあとにし、ムスコB好物のインド料理店で食事をした。

ダンナがお手洗いに行っている間に「とーちゃんには内緒だよ」と少しだけお金を渡した。

甘い?

ま、イイじゃんwww


2月の終わりに植えたナデシコが咲いた!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。