誰かのために頑張ること

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

おばあちゃんの桐の箪笥

旅から帰ってきて、今日ようやくのんびりできた。

2週間ぶりにプールで泳いできた。

生理と旅の期間が連続したから全く運動していなかったのだ。

生理なんか早く無くなってしまえばいいのに。


話しは変わって、

ダンナの実家には、今ダンナの両親が住んでいる。

以前はダンナのおばあちゃんも同居していたが、在宅介護が難しくなってきたので今は施設に入所している。

おばあちゃんは97歳と6ヶ月。

年齢的な物忘れはあるが意志疎通は可能だ。


今回おばあちゃんの荷物を整理することになり、おばあちゃんの嫁入り道具だという桐の箪笥を見せてもらった。


箪笥の中には、これまた嫁入りの時に持ってきた着物や羽織などがいっぱい。


隠し箱や忍び錠などの仕掛けが施されているカラクリ箪笥だ。

なにコレ、楽し~い!


着物や帯もリメイクできそう。

少し譲ってもらうことにした。


その後ダンナもおばあちゃんの部屋へ。

いつの間にか、箪笥を我が家に譲り受けようかという話しになっていた。

ダンナは物を大切にする男だ。

しかし!

ダンナは片付けられない男でもある。

要は物を捨てられない男なのだ。


私「どこに置くの?」

ダ「奥の部屋がいいんじゃないかな、畳だし」

私「あの部屋、今物置部屋になってるから入らないよ」

ダ「……………」

私「2段ベッドを処分したら入るね」

ダ「捨てるの?」

私「使ってない物を出さなきゃ入らないよね」

ダ「……………」

私「2段ベッド、使うの?」

ダ「………使わない」


はい、決まり。

ふふふ。

おばあちゃん、ありがとう。

大切にするね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。