誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

粂さん、お疲れさまでした。

妹の家族、柴犬の粂八が亡くなった。

16歳だった。


今年8月の粂さん


妹は4年前に、病気で寝たきりだった夫を亡くし、粂さんと二人暮らしだった。

妹の夫Sちゃんは私と同じ歳。

若い頃、難病にかかったのがわかってから妹と結婚した。

なので子供はいない。


Sちゃんの次は粂さん。

粂さんは1年程前から足腰と視力が弱くなっていた。

床ずれができ、朝昼夜関係なく吠えるようになり、自力で飲食できず便秘になり、妹は苦労して介護していた。


昨夜、水を飲ませようと抱きかかえると、呼びかけに反応がなくなり、一度口を開け、目をギュッと閉じ呼吸が止まったそうだ。


妹から「呼吸が止まったけど、お腹がキュルキュル鳴ってるから判断していいのか」とLINEが来た。

よくわからないのでお医者さんに聞くよう返信すると、すぐに電話したようで「呼吸が確認できなければ死亡」とのこと。

そうか、そうなのか。


妹は昨夜のうちに訪問火葬サービスをお願いし、今日お昼頃に来てもらった。

私とダンナは最後のお別れに行った。



移動火葬車は庭まで入ってもらった。

煙も臭いも無し。



1時間程で終了し骨壷にお骨を納め、真っ白な覆い袋に骨壷を入れてくれた。

料金は23,000円+消費税。


粂さん、妹とSちゃんを笑顔にしてくれてありがとう。

Sちゃんが亡くなった時、妹を慰めてくれてありがとう。

ずっと一緒にいてくれてありがとう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。