誰かのために頑張ること

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

悔しい思い

私は変わる、と覚悟して望んだ瞑想。

それなのに頭に浮かんでくるのは悔しい思いだけ。


悔しい思いは、私という机の、たくさんある抽斗の、手が届きにくい抽斗を選んで、奥の奥に入れて、鍵をかけて、気持ちを切り替えたはずだった。


私という机の上には今必要なモノだけ置いてあって、整理整頓されていたはずだった。


私がどれほど自分を犠牲にして、会社のために、高齢者とその家族のために、スタッフのために尽くしたか。


私は、私の家族、上司、同僚、部下、会社、介護業界、社会に至るまで憎悪し悔しさを募らせた。

自分のつらさを他人のせいにして泣いた。


悔しくて悔しくて、「あなたの頑張りは、み仏様が見てくださっているよ」という耳障りの良い言葉も虚しく、私はすっかりやさぐれてしまった。


この悔しい思いは、私が乗り越えない限り、宇宙の果てに捨てたとしても私の前に現れるのだろう。


「やってあげている」という思い上がった気持ちを心の底から反省できる自分に。

他人の言葉を受け入れてから意見できる自分に。

今日ここに生きていることに感謝できる自分に。


時間がかかっても絶対にやり遂げる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。