誰かのために頑張ること

誰かのために頑張れなかった私は、誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

やばい

昨日、生命保険の外交員に会った。約8年半前、入院給付金請求の手続き以来だ。

当時まだ外交員の仕事に慣れておらず、少しおどおどした印象の女性だった。


辞めないで頑張ってるんだ、スゴイなぁ。

顔も忘れていた。

もう、おどおどした感じはない。


でも話しをしているうちに、だんだん思い出してきた。

この女性のこと、流産したこと、悲しみの中の入院中に何度も職場から電話があったこと、家庭を顧みずに働いていた時のこと。


あぁそうだ、あの子が生まれてたらこんなになるまで働かなかった。

長い間、子供達に我慢させることもなかった。


せっかく心療内科卒業したのに、やばい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。