誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

一生後悔すること

今朝ダンナが「食物繊維を摂るとアトピーが治るってテレビでやってたよ」と言った。


それは知っている。

食物繊維の多い食事をしている人は、肉や脂肪が多い食事をしている人に比べて腸内に善玉菌を多くもっており病原毒素を出す悪玉菌が少ないと言われている。


ムスコBはアトピー性皮膚炎だ。

ムスコAは花粉症、瓜系野菜アレルギーを持っている。

私がアレルギー体質なので仕方ないと思っていた。


しかし去年ダイエットを始めてから食事の大切さを勉強し、自分がいい加減な食事の知識しかなかったことを思い知った。


私は長い間、家庭を顧みず仕事に没頭していた。

朝早く出勤し、日付けが変わってから帰宅することもよくあった。


週に一度、冷凍食品やレトルト食品などを買っておけば、ダンナと子供たちだけで適当にやってくれていた。

コンビニ弁当の日もあった。


私はみんなが寝静まった頃に帰宅し、冷蔵庫に直行してビール。

シャワーを浴びてビール、適当に何かつまみながらビール、ネットニュースをチェックしながらビール。

仕事のことを考えて眠れないのでビールの力を借りて気絶するように眠った。


朝はギリギリまで寝ていたいから食事はしない。

子供たちが起きる前に家を出る。


駅のカフェでコーヒーを飲みながら一服し気持ちを整えてから職場に向かう。

お客様やスタッフには笑顔で接しないといけないからだ。


本当はずっと辞めたかった。

辞められる状況じゃなかった、ダンナが辞めていいよって言ってくれなかった。

そうやって会社とダンナのせいにして何年も何年も子供たちにまともな食事を作ってあげなかった。


自分が心身を壊したのは仕方ない。

でも成長期だった彼らには本当に申し訳ないことをした。


今朝ダンナは何気なく話したのだろうが、私はこの手の話しになると申し訳ない、後悔してもしきれない、もう戻れない………と苦しくなり涙が溢れてくる。


今日はこれで涙涙の一日だった。

ああ~もう!

大バカ者だ!


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。