誰かのために頑張ること

誰かのために頑張れなかった私は、誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

入院2日目(手術直前直後)



圧迫ストッキングを着用し手術着に着替えた。

このストッキングは血栓症予防のため退院まで着用したほうが良いとのこと。


車椅子に乗り手術室まで連れて行ってもらう。

フルネームと、どこの手術をするのかを伝えベッドに横になる。


心電図のシールを胸などに付けられ、手早く血圧計と酸素モニターも付ける。

手術用のベッドは狭く、手足が落ちないように軽くベルトを巻いた。


「口を開けてください」と言われ、歯がグラついていないかを確認し酸素マスクがあてられた。

少しすると「麻酔の薬を入れます」と声がし、だんだんと胸や肩、背中が温かくなってきた。


こうやって眠っていくんだ…と思ったのを最後、意識がなくなった。



「終わりましたよ」という声で一瞬目が覚めたのは憶えているが、次に目覚めたのは既に元の病室のベッド上だった。


「お疲れさま」とダンナ。

時間を聞くと15時半だった。

苦笑いしながら「取ったモノ見せてもらったよ」と言う。

「ええーっ私も見たかった」

私の臓器だ、なかなか見られるモノではない。


ドラマだとわかっていても、そういうモノが苦手なダンナ。

よく本物を見る気になったなぁと思ったら、Dr.Hがワゴンを押しながらやって来て「コレですよ」とwww

選択の余地なく「コレですよ」www


「俺のグー(拳)くらいあった。そんで横に2つピロッと」と言う。

正常な子宮は鶏卵大だそうだ。

卵巣は親指大。


これで………これでもう婦人科とおさらばだー!

\(^o^)/


「ごめん、写真撮れば良かったね」と申し訳なさそうに言われたが、突然のことで思いつかなかったのだろう。


拒否できない状況で仕方なく見てしまったダンナ。

まるで予測不可能な事故のように。

よくやった!

褒めて遣わす(上からぷちこ)



デイルームから見た景色

入院2日目(手術当日)



昨夜はなかなか寝付けず、6時起床とのことなので23時過ぎに軽い眠剤を貰って飲んだ。


それでも1時間ほどは意識があったが、いつの間にか眠っていた。

そのまま起床時間まで眠っていたかったが残念なことに4時過ぎにトイレに起きてしまった。


バイタル問題なし。

7時半に浣腸、固形物がないことを確認する。

少し痛みが出てきたが、この痛みとも今日でお別れだ。

その代わり他の痛みが出るのだが。


8時半、清拭用のタオルが4本配られた。

熱々のタオルで顔を拭き、残りの3本をまとめて首の後ろにあてて横になるとリラックスできた。

9時以降は水分補給禁止なのでミネラルウォーターを1口飲む。


9時半、ラクテック点滴開始


水分補給と酸性に傾いた体液を正常に戻すものらしい。

1回目失敗し、手首になってしまった。

どっちにしろ痛いw


すぐに診察室に呼ばれ膣口を開く機械とガーゼを挿入。

痛い痛い。

痛いしか出てこない。


10時半過ぎダンナ到着。


手術は12時開始予定だ。

心静かに読書をして待つことにする。

p■qω・´)


痛ーい!

痛いよー!

入院初日(手術前日)



11時に入院


・バイタル測定し、看護師からオリエンテーション

・薬剤師からアレルギーなどの確認と今後使う予定の薬の説明

・採血


Dr.の診察まで時間があるので院内のレストランで食事


Dr.の診察

・地獄の内診

・手術方法、合併症などの説明

・手術同意書、輸血同意書にサイン


病室に戻る

・麻酔科医の術前診察

・麻酔同意書にサイン

・剃毛


入浴

30分間なのでシャワー浴にした。

天井に酸素と吸引のホースが


下剤内服


・栄養士からアレルギーの確認と献立選択の説明

・手術室看護師から手術の流れの説明

(なんと手術室の温度の好みまで聞いてきた)

・看護師から退院支援計画書の説明とサイン


夕食


ご飯は私好みの固め。

厚焼き卵も私好みの甘め。

山芋の酢の物も私好みの酸っぱさ控えめ。

小松菜とエビの炒め煮はカルシウムがたくさん摂れそうだ。

退院したら母に作ってあげよう。

干しエビにしてもいいかもね。


他人が作ったモノって、なんでこんなに美味しいんだろう。

明日は絶食だ。


食後はテレビ………と言いたいところだが、こんな時こそ読書じゃん?

p■qω・´) 心静かに。


大好きな十二国記シリーズ


本を読む習慣がないので、たまに読む時は同じものばかり。

歴代の新井賞受賞作品くらいは読まねば、と思ってはいるもののテレビのほうが楽しくて本を手に取ることはない。


入浴後、下剤を飲んだのでお腹がグルグルしている。

グルグルのところ更に浣腸。

グルグルグルグル~


明日朝も浣腸。

何も食べずに浣腸。

9時までなら水は飲んでもいいらしい。


あ~、認知症なのかなー?

部屋の外からお爺さんの大声が聞こえてくる。

何を言っているのかはわからないが、お婆さんの声も聞こえる。


さあ、明日はどうなることやら。

グルグルグルグル~