誰かのために頑張ること

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

銚子でお泊り


宿に到着。

リンちゃんと一緒に泊まれるペンションだ。

6年前もコチラにお世話になった。

明るい奥様もお変りなく…………いや、朝食の提供をお願いしたら「ごめんなさい、もう朝食はやめたの。私一人でやってるもんで、くたびれちゃって」とwww


今はそれぞれの家庭の状況が変わったので行なっていないが、毎年8月に友達家族と一泊旅行をするのが恒例行事だった。


幹事は私達夫婦。「皆いつも仕事や育児にたいへんだから、俺達が家族サービスのお手伝いをしてあげよう」というダンナの提案から始まったのだ。

当時の我が家はカオス状態だったにもか関わらず、ウチのダンナは誰に頼まれたわけでもないのにそんなことを買って出る変人だ。


最低でも3家族は集まるので、半年前の2月には宿の予約をしていた。

6年前も然り。

そして3月に忘れもしない東日本大震災。

この世の地獄級の災害への対応に追われる中、ペンションに電話を入れた。


明るい奥様「大丈夫です!ウチは岩盤の上に建ってるから!」

私達夫婦の間で、このセリフは名言のひとつとなっている。


歴史を感じるルームキー


子供が大喜びするロフト(4〜5人は寝られる)


ダンナとリンちゃんは既にお疲れ

銚子へ!

ダンナの両親と一緒に旅をすることになった。旅と言っても一泊するだけだが。

「小学生の孫(お義兄さんの子)の運動会を観に来たついでに九十九里浜に行きたい!」というリクエストがあったため、義兄夫婦からバトンタッチで私達が案内することにしたのだ。


銚子市から九十九里町に南下する計画を立てた。

銚子は、6年前に友達家族と訪れたことがあったので、私達においては懐かしい旅だ。


義兄宅を出発し銚子に到着したのは15時半頃。日没まで3時間ほどしかないので、取り敢えず地球の丸く見える丘展望館へ。


コチラはペット不可なので私とリンちゃんは外でお留守番。

リンちゃんは美しい景色などお構いなし。


白亜の塔


銚子電鉄の線路w


キャベツ畑(春キャベツ1玉100円)


お土産

母の介護


今年に入って母の体調が安定してきた。

認定調査の結果、思ったとおり要介護1から要支援1になった。


来月から週2回のデイサービスが1回になるため、ヘルパーさんが来ている時に自宅で入浴できるようにしようと思っている。

「一人でお風呂に入るのが怖い」と、ここ数年自宅で入浴していないので、まずはお風呂掃除からだ。


何もかもがめんどくさいと言う母。

好きだったナンクロとガーデニングをやめた。若い頃からの趣味の洋裁や編み物をやめた。車の運転をやめた。掃除をやめた。調理をやめた。日中パジャマから着替えるのをやめた。父の悪口をやめた。白髪染めをやめた。深く考えることをやめた。

恐るべし!うつ病パワー。

母はまだ75歳だ。


その母が急に「(高齢者の)ホームへの引っ越しとかどうかね」と言い出した。

ケアハウスでも月10万円以上かかる。

母に説明するため、ケアマネさんに資料を送ってもらえるようお願いした。

メリットデメリット、理解できるだろうか。


母が編んだドイリー