誰かのために頑張ること

誰かのために頑張れなかった私は、誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

入院生活最後の夜



この病室は回転が早く………

んー、飲食店じゃないんだから、この表現はよろしくないのかなw


まぁとにかく毎日退院する人がいて、私は4泊したのだが毎日顔ぶれが違うということ。


10年程前、子宮外妊娠の疑いで入院した時も4人部屋だった。

同室のママさん達が次々とお産をして、お見舞いに来た人達に「おめでとー♪」とお祝いされている中、私は「子宮外妊娠だったら大量出血で緊急手術になるかもしれません」と言われていた。


私はどうしてもダンナの赤ちゃんを生みたかった。

ダンナは初婚なのに私の子ども達を当たり前のように養子にしてくれ、ダンナの両親も子ども達を可愛がってくれている。

血の繋がった子が生まれたら、それはそれは喜んでくれるだろうと。


そんな気持ちだったので、同室の幸せオーラに耐えきれずダンナの顔を見るなり号泣してしまい、ダンナはすぐさま個室に移動する手配をしてくれた。

結果10日程入院し流産だったが。


ああーそんな経験あるんだからドライヤーの件も、もう少し考えてればなぁ。

うぅ…でも思い過ごしかもしれないから切り替えよっと。


で、今回はそんな繊細な入院ではないので迷わず4人部屋を選んだ。


他の部屋はわからないが、私がいる部屋は退院する人が毎日1人、2人。

他の部屋から移って来たり移って行ったり。


入院生活最後の夜を迎える昨日も私以外の3人が入れ替わった。

カーテンで囲っているので顔を合わせることはないが、話しの内容や気配でその内の2人は重い病気で入院しているらしいとわかった。


夜が来た。

食事を終え、皆さん就寝準備をしている気配。

すると何やら水音が………ゴポゴポゴポゴポ………

この人、酸素吸入だ。

痰がらみの咳もしてるし痛みもある。


今夜は眠れるかな~と思いながら本を読んでいると「グッ、グガッグガッ!」とイビキ。

この人は無呼吸症候群ではないだろうか。


この水音の中でよく眠れるな~と思いながら本を読み続けていると、点滴スタンドを押しながら何度も何度もトイレに行っている。

この人は強い薬を何種類も点滴するって言ってたなぁ。


この三重奏の中で眠れるわけもなく………

看護師さん、この部屋の夜勤は私がやりましょうか?

と言えるくらい一睡もできなかった。

言うわけないけどw


私は元気になったんだ。

もう家に帰りなさいってことだなと感じた入院生活最後の夜だった。



帰ろうね

入院4日目(手術2日後)



熱は下がり、腹痛も傷の痛みだけになった。

なんて快適!

なんて幸せ!


朝食


ガスは出たけどお通じはまだなので歩かねば。

入院中でゆっくり自由に過ごせるのは今日だけだ!

\\ ٩( 'ω' )و //


回診で予定どおり明日退院の許可が出て喜んでいたら、診察ですよ!と呼ばれて行った。

地獄の内診まだやるの?!もうイヤだー!と思っていたら、


なんと痛くない!


*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


*.。.:*・゚*.:*・゚素晴らしい*.。.:*・゚*.:*・゚


゚・*:.。..:*・゚.:*・゚私、元気になったのね゚・*:.。.*.:*・゚.:*・゚


*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:ありがとう*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:



昼食 完食!


水を飲み、デイルームの自販機でカフェラテを買い、それを飲み、食物繊維入りのヨーグルトドリンクを下のフロアのコンビニまで買いに行き、それを飲み、また水を飲み………


( ̄▽ ̄)v お通じもクリア!


今日はシャワー浴の許可も下りた。


夕方にはダンナが来るなり「auの請求に変なところがある」と矢継ぎ早に文句を言い出したが、所々に親父ギャグをぶっこんでくるので、可笑しみとお腹の痛みで「イテーイテー」と言っている自分がまた可笑しいというループにはまり涙した。


今や思い出し笑いでループにはまれるほど気持ちが緩んでいるが、とにかく痛いので考えないようにしている。


夕食


明日はやっと退院。

ひとつ心にモヤモヤすることがある。

考え過ぎかもしれないし、ここで言っても仕方ないことかもしれないが………


入院してすぐシャワー浴が終わって病室に帰ったら、ウッカリしてヘアドライヤーを持って来てしまったことに気づいた。

病院のドライヤーだ。

自分の浴室の使用時間が過ぎていたので慌てて出てきたのがいけなかった。


「すぐに返さなきゃ」と思いドライヤーを手に浴室に戻ると、ちょうど次の順番の人が浴室のドアを開けようとしているところだった。


駆け寄って「これ使いますか?」とドライヤーを差し出すと、その人は少し微笑みながら「あ、いいです」と首を横に振り浴室に入って行った。


使わないなら後で看護師さんに元の所に戻してもらおうと思い、またドライヤーを持って病室に戻った。


その後、病室に看護師さんが来た時にドライヤーを返して暫く………

「あ、あの人帽子かぶってたかも」と。

その時は意識しなかったけど、思い返すとそんな気がして………


他人との生活、もっと気配りするべきだった。

私は無意識にあの人を傷つけてしまったのかもしれないし、思い過ごしかもしれない、という今更どうしようもないモヤモヤする話し。

入院3日目(手術1日後)



手術した日の夜からが本当の苦しみだった。

左手に点滴、右手と胸には心電図と呼吸と酸素飽和度を測る機械。

尿カテーテルに褥瘡予防のテープ。

ベッドの汚染を防ぐため紙オムツに防水シーツ。

両足には血栓症予防のマッサージ機が巻かれていた。


お腹と背中と腰が酷く痛い。

背中と腰はずっと仰向けになっているからだろう。

何しろ両手両足にいろんな物がくっついているし、腰周りはゴワゴワしていて気持ちが悪い。

寝返りをうとうにもスムーズにいかず、力を入れるとお腹の傷に響くのだ。


いろんなチューブや機械を下敷きにしないよう気をつけながら、ベッド柵に掴まってゆっくり向きを変える。

体を捻るとお腹が痛いので、上半身は真っ直ぐに足を上手く使って転がる。


当然スマホをいじる体勢ではいられないが、時間を知るために枕元に置いていた。

置時計を持ってくれば良かった。


看護師さんに痛み止めを点滴に入れてもらう。

ウトウトするが体が痛くてジッとしていられない。

時計を見ると、だいたい30分~45分で向きを変えていた。


夜勤の看護師さんには「頑張り屋さんだね」と言われたwww

動かずにはいられないから動いているだけだ。


看護師さんは朝になると口腔ケアセットを持ってきてくれた。

ベッドを背上げし、歯磨きをするとカラカラに乾いていた口の中がサッパリして、そのまま水も飲みたくなる衝動に駆られたが我慢したw


まとまった睡眠はとれなかったが10時頃の回診で点滴以外の物を外せるようになった。

これで水も飲んでいいことになる。

ミネラルウォーターを手に取ったが、蓋を開ける力が出ず少し苦労した。


看護師さんに手伝ってもらいながら清拭。

トイレで用を足すのに1度目は看護師の見守りが必要とのことでナースコールをしたり、痛み止めを入れてもらったり、看護師さんのおかげで助かることがたくさんある。


昼食は五分粥


夕方には点滴も外れたが腹痛はずっと続いている。

錠剤の鎮痛剤を出してもらい、寝る前に飲むつもりでいたが夕食後酷くなってきたので19時半頃服用した。


夕食から普通食


手術後から微熱は続いていたが、この時点で38.1℃に上がっていた。

その後4~5時間して身体中に汗をかき、楽になっていった。