誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

2018秋の旅 5日目

ダンナの実家にはWiFiがない。

思うようにスマホが使えず困っていたが、この頃になるとそんなに気にならなくなっていた。


新幹線で来るムスメを迎えに行く予定があるのに、ダンナは朝からビールを飲んでいた。

お義母さんがダンナに「ムスメちゃんのお迎えに行くのにビール飲んでるの?運転はお父さんに頼みなさいよ」と言っている声が聞こえてきた。


「ごもっともです、お義母さん」と思っている私の所にダンナが来て「ねぇ、ぷちこ。お父さんとムスメちゃんを迎えに行ってくれる?」


(。・`Д・´) はぁ? なんで私がお義父さんとふたりきり?


「俺も行くの?」


ヾノ。ÒдÓ)ノシ 当たり前だ! ふざけんな!



ムスメが来てみんなで食事。

このあとは、ダンナのおばあちゃんのお見舞いに行くことになっていた。


ダンナのおばあちゃんは特養に入所していたが、今月上旬から肺炎で入院していた。

おばあちゃんのお見舞いは、この旅の目的のひとつでもあった。


おばあちゃんに俱利迦羅不動寺のお守り


ところが!

食事後まったりしているところに病院から電話がかかってきた。


「おばあちゃん下血して状態が悪いから、すぐに病院に来てって!」

("⊙Д⊙")えっ!!

それはたいへん!

「ダンナ!私たちは遠慮するからお義母さんたちと一緒に行っておいでよ!」

ダンナ考える………考える………考える………

「ん。俺も残る」


お義母さんは「せっかくだからバラ園に行ってらっしゃい!」と言い残し、お義父さんと病院へ向かった。

私たちは取り敢えず留守番。

しばらくすると、お義父さんから電話があり「さっき吐血したから輸血することになった。今は落ち着いている」とのこと。

ならば、と私たちも病院に行くことにした。


おばあちゃんは98歳。

孫であるダンナのことも、わかっているのかどうか………という状態。

ダンナは、おばあちゃんの手をずっと握っていた。


血液が病院に届くのが夕方になるらしい。

お義父さんとお義母さんはそれを待つと言う。

「私たちはまだ病院にいるから、あなたたちはバラ園に行ってらっしゃいよ」とお義母さんが言うので、病院を出てバラ園に行った。


たくさんの種類のバラが色とりどり、すっきり晴れた青空に映えていた。

でも何故だか写真を撮る気にはならなかった。

2018秋の旅 4日目

昨夜は食事後ムスコAと別れ倶利伽羅塾に宿泊した。

朝は当然ワンズ優先の支度だ。


私は予定した時間があると、それに間に合わせるため「やらなくてはならないことの最優先順位」を決め上から順番にこなして行く。


ダンナは謎だ。

私から見るとチョイチョイ無駄な動きをしているように見える。

しかし彼はとっても賢いので、先を見越して準備をしていることもある。

人が考える範囲を超えた先のことを彼は考えている。

だから周囲の人から変人扱いされるのだ。


それをわかった上で見ているのだが、それでも理解し難い動きをしているように見えるため、私のイライラは上昇していくばかり。


「なぜ今それをやる?!」


チェックアウトして車に荷物を積んでから出発!と思ったら、ワンズにごはんをあげ始める。


「ええっ?今から?!」


もう既に約束時間を過ぎている。

ムスコAの上司に挨拶に行く予定だ。


ワンズのごはんは、朝一でダンナが温泉に入っている間に私が車の中に用意しておいた。

温泉から戻ってきたダンナにも伝えた。

だからその後、食べさせたと思っていたのが間違いだった。


こういうことがあると、私は自分が悪いんだと思う。

自分が悪いんだから、こうなっても仕方ないと。


4日目は朝からこんな感じ。

遅くなったがムスコAの上司に挨拶でき、ムスコAとも少し話しをしてからバイバイした。

今度ムスコAに会えるのはいつだろう?

半年後かな? 1年後かな?


俱利迦羅不動寺でお参り


今年、俱利迦羅不動寺は開山1300年ということで、たくさんのイベントを開催している。





境内のうどん屋さんで食事。

こちらは倶利伽羅蕎麦も美味しい。


月見うどんとおでん



近くの倶利伽羅公園で散歩とワンズの食事。

出発前にあげたのだが食べなかったのだ。

それじゃあ朝、時間がない中あげなくてもよかったのでは?




さてさてダンナの実家に向かおう。

…………とその前に。

というか、せっかくだから向かう途中で寄り道。


越前松島水族館


真横が海!


ここWiFiがある~最高!


これ私の足~www


ドクターフィッシュに角質を取ってもらう私の手w



この水族館は小さいけど、人と生き物の距離が近くて楽しかった!

また行きたいな。



夕方になったので東尋坊方面へ


雄島橋


海とネオさん


橋の向こうはこんな感じ


ハート型だよ!


朝はイライラしたけど、最後はハートの夕焼け空の写真が撮れて幸せ気分になり、無事にダンナの実家に到着した。

2018秋の旅 3日目

人間の支度は後回しでワンズの支度をし、ボチボチと輪島に向かった。

まぁ急ぐ旅ではないのでワンズ優先で楽しもう。



道の駅 輪島ふらっと訪夢


こちらは旧輪島駅を再整備した道の駅なのだそう。

お土産屋さん、飲食店、鉄道記念館みたいなものも入っている。



駐車場に車を停めて、徒歩で朝市を目指す。

この日も信じられないほどの暑さ、それに遠い!

少しは私の歳を考えてくれ。


朝市と言ってもお昼まで開催しているので、ワンズ優先のノンビリ旅でもギリギリ間に合う。



永井豪記念館


このブログをここまで書くのに昨日から何時間かかってんだ!

WiFi接続してるのにネットに繋がらないってどゆこと?



このおばちゃんの所でダンナの実家へのお土産を買った。

魚の一夜干し、これは絶対おいしいヤツだ!


買った当日に家に持ち帰るならOKだけど、帰宅が明日以降になるならクール宅急便で送らなきゃいけない。

「そういう決まりなのよ」と、おばちゃん。

ダンナの実家に行くのは明日の夜の予定なので宅急便をお願いした。


「あ~良かった~今日お客さんひとりも来なくて~!今日初めてのお客さんだからサービスするわ!」と、のどぐろの一夜干しに、ふぐ、赤魚、ササカレイの一夜干しもドンドン包んでくれた。




わ~!アップできた~www

輪島ドラマ記念館。

入らなかったけど写真だけ撮った。


そんで、道の駅に戻ってお土産屋さんでコレを買った。

やった! アップできた!


でもあとでよく見たら「まれ」や「朝ドラ」とは無関係だったwww



次は白米千枚田を見に行ったが、かなり強い雨が降り出してきたので道の駅 千枚田ポケットパークで休憩することにした。


よもぎたいやき


涼しくなってきたので温かいスイーツが美味しい~♪

良いタイミングで雨がやみ、素晴らしい景色を堪能した。

今の季節は夕方からイルミネーションイベントが開催されている。


白米千枚田


大きい写真ならもっと綺麗なんだけど、このサイズの写真でもなかなかアップできない。

もう~これどうしたらいいんだよぉ。


窓岩ポケットパーク



他にも、のと鉄道の廃線跡も見に行ったり、道の駅のゴーゴーカレーで輪島限定カレーを食べたんだよ、ふぐの唐揚げのヤツ。

記録しておかなくちゃ~。