誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

2018秋の旅 7日目

この日は朝からお義母さんがバタバタしている。

ダンナは私より早く起きていて、ワンズの散歩に出かけていた。


洗面所に行く時にリビングを見ると、お義母さんが床に座ってカールドライヤーで靴下を乾かしていた。


ダンナの実家にはヘアドライヤーがない。

お義母さんはショートヘアなのでカールドライヤーでセットしながら乾かしているのかもしれない。

カールドライヤーのブラシ部分を取り外して「これ使ってね」と言われているが、パワーがないのでなかなか乾かない。


お義母さんは、そのカールドライヤーのブラシ部分を取り外して、靴下を乾かしていたのだ。


歯を磨いていると、お義母さんが来て「ダンちゃん(ダンナのこと)朝お風呂に入ったのね。気がつかなくて入ったら靴下が濡れちゃったのよ」と笑っている。


あぁ~それで靴下を乾かしてたのか、納得。


お義母さんはまたバタバタと洗面所から出て行った。

遅れて私も洗面所から出ると、お義母さんはキッチンにいた。


私が着替えを終えてまた洗面所に行こうとすると、お義母さんはまたリビングで靴下を乾かしている。

洗面所から出て部屋に戻ろうとすると、お義母さんはまたキッチンでバタバタしている。


部屋を出てリビングに行くと、お義母さんはまた靴下を乾かしていた。

ずっとこれの繰り返し。


カールドライヤーはパワーがないからなかなか乾かないし、もしビッチャリ濡れたのなら他の靴下を履けばいいのでは?と心の中で思いながら、そろそろムスメを起こそうと部屋に戻ると、お義父さんの声が聞こえてきた。


「病院から電話があったということは用があるから早く来てくださいっちゅうことやろ!」

わわっ!お義父さん怒ってる。

そうか、病院から呼び出しがあったのね。


なのに、お義母さん靴下を乾かしてて………ん?

この無駄な動き………これってダンナそっくりじゃん!


お義父さん、あなたの気持ちよくわかります。



お義父さんとお義母さんは病院へ行き、私たちは琵琶湖へ。

8月下旬に予約しており、ずっと楽しみにしていた琵琶湖クルーズだ。



昨日までは快晴で暑かったのに、この日は曇りで風が冷たい。


エンターテイメント船 ミシガン


ヽ(;▽;)ノここWiFiあるよ~!


船内はハロウィンの装飾


いちばん上のスカイデッキからは360度の琵琶湖の眺望が!


晴れてたらなぁ………


今回は80分のクルーズ。

大津港を出て、におの浜観光港 → 柳が崎湖畔公園港 → 大津港に戻る。


びわ湖大津館



見学室にもハロウィン


ここから船長が操舵している様子を見ることができる。

そしてこの場所がいちばんWiFiが強い!



大迫力の赤いパドル


びわ湖花噴水


夜はライトアップされるらしい。

今度はナイトクルーズもいいな。

曇ってたし、写真では美しさが伝わらなくて残念。


大津港の横には浜大津アーカスという商業施設があり、アミューズメント棟には映画館やROUND1が入っている。

湖の駅でお土産を買い、大型豪華客船ビアンカを眺めながら食事。


パンケーキを3人でシェア


海も良いけど湖も良い!

川も良いし森も良いし山も良い!

結局自然は素晴らしいってことw


このあとは入院中のダンナのおばあちゃんの所へ行った。

前回よりは落ち着いているように見えたが、孫であるダンナを認識したのかは不明。

薬で痛みや苦しみをとってくれるだけでいい、と私は思う。

私はね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。