誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

高齢で蓄えがない人の老後

母には妹3人と弟が1人いる。

末っ子長男の弟とは絶交状態。

だいたい絶交する相手がいるってことが私には有り得ないが。


母のすぐ下の妹(叔母A)は母宅の近くの借家に住んでいる。

夫なし子なしの一人暮らし。

高校に行かず家出をしホステスをして生活していた。

中国地方でスナックを経営しており羽振りが良かったが、50歳くらいの頃に店をたたんで母宅の近くで飲食店を始めた。

その店は流行らず閉店。

その後、自宅で開業したが、こちらも開店休業状態のため清掃員として働いていた。


その仕事もこの春に辞めた。

本人は「疲れるから辞めた」と言っているらしいが、私の想像では契約更新してもらえなかったのではないかと思っている。


何故かというと、70歳を過ぎているが体は元気で口も達者。

とても激しい性格で、姉である母はいつも上から目線でモノを言われている。

職場でも疎まれていたのではないだろうかと想像できるからだ。


その叔母Aが「家を取り壊すから6月いっぱいで出て行くように言われた。姉ちゃんの所に住まわせて」と母に電話をかけてきたそうだ。


母からすると叔母Aと同居なんてとんでもない話しだ。

会えば辛辣な言葉を投げつけられるのに、同居したらストレスでしかない。


母が良い返事をしなかったので「そんなに嫌われてるとは知らんやった!姉ちゃんが離婚する時に面倒見てやったのに!」と怒って電話を切られたと言うのだ。


大家の都合での退居なので次の住まいを紹介してくれる話しもあるらしいが、家賃62,000円/月だから高すぎて無理だと言っているそうだ。


生活保護を申請する、ということも言っているそうで「生命保険に加入していると受給できないから解約して姉ちゃんの口座に入れておく」と勝手に計画を立てている。

生命保険は羽振りが良かった頃に加入していたそうだ。

しかし年金保険料は全く支払ってない。

Σ\(゚Д゚;)なんで!?


母と同居するなら生活保護申請はできないのでは?

じゃあ次の住まいが見つかるまでの同居なのか?

みんな集まって話し合う必要がある。


母はヘルパーさんに掃除や入浴介助してもらい、デイサービスにも行っており、私も晩ごはんのデリバリーをして生活リズムができている。

母が叔母のストレスで不調になると私の負担が増すことは間違いない。


叔母B、叔母Cは近くに住んでいないが元気だ。

二人とも夫はいないが子供はいる。

二人とも自分は無関係だというスタイルだ。


一人で自由に生きてきて、高齢になって蓄えがない人の老後は誰が見るの?

私はずっと以前から心配して母や妹に訴えていた。

職業柄いろんな家族のケースを見ていたからかもしれない。


その心配が現実になってきた。

目を逸らしていたアナタたち、叔母Aの近くに住んでいるからって全部を私に押しつけないでいただきたい。

私は自分の生活を守った上で考えさせてもらうよ。



母宅前の道路に何故か鳩が!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。