誰かのために頑張ること

誰かのために頑張るには私が私を大切にしなきゃいけないことに気がつきました。仕事人間だったので家庭での記憶が所々抜けています。もう忘れないように日々を記録します。

損か得かを考えたら、得なほうがイイに決まってる。
結局自分に返ってくるなら、誰かのために頑張ろうかな…と、自己中に尽くす主婦のブログ。

内緒の断捨離

先週、ゴミ袋3つ分の衣類&靴を捨てた。

ああ~スッキリ!


で、昨日は倉庫を見てみた。

ダンナのスキー靴にスキーウェア、キャンプ用品いろいろ、書類や本、クルマのカバー、その他何だかわからない物。


ここ10年以上入れっ放しということは、それがなくても生活ができるということ。

そもそもダンナ本人が、倉庫に何が入っているのか憶えていない。


私は「懐かしい」だけで捨てられないような温かい心を持ち合わせていない。


今回はボランティアの時に使っていた長靴、もらい物だという寝袋、ムスコBがチャリ通学で使っていたヘルメット、ダンナが一人暮らしの時のカーテンなどなどゴミ袋4つ分を捨てることにした。


それでも倉庫内はまだギュウギュウ。

それに階段下のスペースにもスキー板や何が入っているのかわからないダンボール箱などがある。


捨てても困らないし、困るどころか気づかないし。

「片付けるよ」という言葉を信じて今まで我慢したが、もう止まらんよ。



郵便屋さんを喜ばすハゴロモジャスミン

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。